配布ライセンスについて

アプリケーションの用途にあわせて「内部配布ライセンス」と「商業的配布ライセンス」の2種類に分かれます。

ライセンス 配布先 配布期間
内部配布ライセンス 特定の企業・組織 年間単位
商業的配布ライセンス 不特定多数 永続

内部配布ライセンスは年間単位でご購入いただけます。
次年度以降も配布をする場合は、内部配布ライセンスのリニューアル(1年単位)をご購入いただくことで配布期限を更新することができます。
商業的配布ライセンスは、永続的に配布を許諾し、本ライセンスに該当するお客様のみご提供します。

内部配布ライセンス/商業的配布ライセンスはアプリケーションの配布形態に合わせて以下を用意しています。

  • シングル
    配布するコンピュータ1台につき1ライセンス必要です。
    本製品の機能を組み込んで開発したクライアントサイドアプリケーションを配布して利用できます。

  • コンカレント
    同時に利用するユーザー数に応じたライセンス数が必要です。
    本製品の機能を組み込んで開発したクライアントサイドアプリケーションを配布して利用できます。

  • 4コア/サーバー
    配布するサーバー1台に対し、プロセッサーのコア数(4コア単位)に応じたライセンス数が必要です。
    本製品の機能を組み込んで開発したサーバーサイドアプリケーションを配布して利用できます。

内部配布ライセンス

アプリケーションを特定の企業や組織向けに限定して配布する場合に必要です。アプリケーションの運用を年間単位で許諾します。

  • 受託開発したアプリケーションを特定の法人または特定の複数法人に配布。
  • 自社開発したアプリケーションを社内に配布。

例)特定の病院向けに、受託アプリケーションを開発して配布。

内部配布ライセンス
  • 内部配布ライセンスの有効期間は1年間です。有効期間はライセンスキー入手日から開始します。
  • 次年度以降もアプリケーションの使用を継続する場合は、有効期限を迎える前に内部配布ライセンスリニューアルをご購入ください。
    リニューアルライセンスの購入時にはご所有の配布イニシャルライセンスの製品番号をご提示ください。
  • 新バージョンがリリースされた場合に無償で新バージョンのライセンスキーを入手ができる内部配布保守の権利が付属します。

商業的配布ライセンス

アプリケーションを不特定多数のお客様向けに配布する場合に必要です。アプリケーションの配布を永続的に許諾します。

  • パッケージアプリケーションを開発して販売
  • マーケットプレイスなどでアプリケーションの販売や公開

例)病院向けパッケージアプリケーションを不特定多数の病院へ販売する

商業的配布ライセンス
  • 商業的配布ライセンスは、本ライセンスに該当するお客様のみへご提供いたします。
    お客様の開発されるアプリケーションが商業的配布ライセンスに該当するかどうかを以下のフォームより事前に確認させていただきます。

    お客様よりいただいたご申請より商業的配布ライセンスに該当する場合は、「永続該当番号」を通知いたします。
    お見積りやご注文時に「永続該当番号」をご提示ください。
    ※ 永続該当番号の有効期間は1か月間です。

    商業的配布ライセンスのご申請

  • 使用許諾契約書上、1年に1回の配布報告義務が発生いたします。

    マイアカウントへライセンス登録された方より配布本数のご報告をいただきます。

    商業的配布ライセンスの年次報告

  • ご注文時には「永続該当番号」「配布報告月」「配布アプリケーション名」「開発ライセンスの製品番号」をご提示ください。
    ※ 開発ライセンスと同時購入の場合は、事前にマイアカウントのアカウントを作成のうえ、ご登録のメールアドレスをご提示いただきます。

  • 商業的配布ライセンスは保守サービスの対象外です。新バージョンがリリースされても新バージョンのライセンスキーを入手できる権利(内部配布保守)はございません。