新機能の紹介

  • 2016.03.29
  • お知らせ

LEADTOOLS 19.0Jでは製品全体にわたって大幅な更新や追加がなされており、開発者はこれまで以上に多くの機能を手にすることができます。

Imaging Proファミリー

  • 新しいビューワーコントロール
  • Windows FormsおよびJavaScriptのペイント性能の向上
  • HTML5:
    ブラウザからTWAINスキャン
  • バーコード:
    新しい種類の追加(Aztec、Maxicode、Micro QR)
    反転したQRコードの読み取り
    PDF417バーコードの遠近法的補正
  • PDF:
    全体的な速度の向上
    ラスタライズせずにテキスト、ベクターグラフィック、およびラスター画像をロード
    ラスタライズとサムネール生成の強化
    ドキュメントサイズを縮小するPDF最適化
    JPEG2000を含む圧縮オプション
    PDFフォームの解析、編集、保存
    PDFデジタル署名の読み取りと書き込み
    フォント、テキスト、ブックマーク、メタデータなどのリソースの抽出
    画像の抽出とデコード
    PDFドキュメントの初期表示を制御するオプション

 

Document Imagingファミリー

  • ドキュメント形式からラスターおよびSVG画像、アノテーション、サムネール、テキストデータ、およびメタデータを作成、読み取り、および書き込むためのフレームワーク
    ドキュメントコンバーター:
    PDFおよびOfficeドキュメント形式をOCRなしで変換し、検索可能なテキストとアノテーションを保持します。
    一般的なドキュメント、ベクター、およびラスター画像形式を包括的にサポートします。
    Adobe Acrobat PDFおよびPDF/A
    Microsoft Office DOC/DOCX、XLS/XLSX、およびPPT/PPTX形式、PST、EML、MSG、XPS形式
    CAD形式(DXF、DWG、DWFなど)
    TIFF、JPEG、PNG、EXIF、BMPなどを含む多数のラスター画像形式
    TXT、RTF、HTML、MOBI、ePUBなど
    IBM AFP、MO:DCA、IOCA、PTOCA
    ドキュメントビューワー:
    任意の形式を表示できるビューワで、テキスト検索、アノテーション、遅延ロード、SVGレンダリングなどの機能があります。
    ドキュメントライター:
    Windows専用のEMFではなくクロスプラットフォームのSVGを使用するように再設計されました。
    以下の形式が追加されました。
    ePUB、MOBI、ALTOXML、SVG
  • ファイル形式:
    XMPメタデータ
    Officeドキュメントおよびベクター形式からメタデータを読み取り
  • ドキュメントクリーンアップ画像処理:
    境界線の自動削除
    内容の自動拡大
    複数ページの自動分割
    ぼかし拡張検出
    グレア検出
    画像位置合わせ
    SN比により、ドキュメントが十分認識できるほどクリーンであることを示すしきい値を確立
    テキストぼかし検出
  • アノテーション:
    マルチコンテナーアノテーション
    Adobe AcrobatやMicrosoft Wordによく似たテキストベースのレビューオブジェクト
    法律、医療、ビジネスの分野で保管・検索用の文書の識別に使用するベイツスタンプオブジェクト
    塗りつぶされたアローヘッド(矢印の矢じり)オブジェクト
    アノテーションのロードおよび保存用オプションの改善
    コンテナー間でのアノテーションのドラッグ&ドロップ
    線形グラデーションブラシでのオブジェクトの塗りつぶし
    HTML5アノテーション用の高度なテキストエディタ
    位置揃えにかかわらず、オブジェクトの上下左右すべてにパディングを追加
    実際の範囲を計算するためのRenderedObjectBoundsプロパティ
    LEADTOOLSコアアノテーションをPDFアノテーションに変換
    画像ビューワコントロールの対話モードと自動アノテーションを同時に使用して不要なクリックを減らし、使いやすさを向上
    アノテーションの描画と編集を同時に実行
    オブジェクトを選択したままパンおよびズーム操作を実行
    ビューワの回転に合わせてアノテーション画像およびテキストを自動的に回転
    拡張キーを使用してオブジェクトを選択
  • フォーム認識および処理:
    非構造および半構造フォームタイプ (請求書、パスポート、運転免許証、小切手)
    非構造フォームフィールド認識では、記入済みフォームがマスターフォームと完全に一致していない場合でも、特定のキャプションを持つフィールドからテキストを抽出
    すべてのフォームタイプの高度なエディタを含む再設計されたデモ
    大幅な速度の向上
    OCR、OMR、フォームの精度を向上させるためのドロップアウト前処理アルゴリズム
  • OCR:
    すべての言語でOCR精度が向上
    自動ゾーニングアルゴリズムの強化
    メモリ使用効率の向上
    カラー画像にあるテキスト領域の前景色と背景色の検出が向上
    3D傾き補正フィルタにより、手動および自動の遠近法傾き補正アルゴリズムにおいて遠近法的に傾いた画像の認識が向上
    高解像度(600DPI以上)画像の傾き補正の高速化
    段落、フォント、ゾーン検出の向上
    縦書きのテキストゾーンをサポート
    ノイズの多いテキストをクリーンにすることによってグラフィックゾーンの検出を強化するテキストブックオプション
    回転角度をサポート

 

Medical Imagingファミリー

  • DICOM:
    2015c DICOM規格にアップデート
    XML形式(PS3.19)にインポートおよびエクスポート
    DICOM JSONモデル(PS3.18)にインポートおよびエクスポート
    大きいデータの挿入におけるサポート改良
  • メディカルビューワー:
    スパイグラスの手動ズームオプション
    境界拡張および縮小ツール
    シャッターツール
    コブ角ツール
    セル境界線、方向、ウィンドウレベル範囲などのカスタマイズオプション
    LEADTOOLSアノテーションのフルサポート
    アノテーションおよびマウスアクションのクリック優先順序の制御
    アノテーションタイプ(Norberg、PolyRuler)
    アノテーション自動化
    選択した任意のアノテーションの編集
    最後のフレームで再生を停止するためのシネ再生オプション
    シリーズ内の各フレームの画像方向
    画像位置合わせの強化
    画像の保存オプション
    メディカルビューワデモの改善(ステント、画像処理、リセットなど)
  • Medical 3D:
    VRTボリュームのRGBAヒストグラムの再マップ、各種プリセットパレットの適用、およびチャネル曲線の保存が可能なカラーマップツール
    3Dオブジェクトをラスター画像として保存
    MPR画像を完全なメタデータ(方向、位置、ウィンドウレベルなど)を含むDICOMとして保存
  • 新しいフュージョンデモ:
    DICOMDIRのロードのサポート
    フュージョン画像および元画像用のパレットを使用
    任意のフュージョン画像のスケーリング、オフセット、および回転
    透過アクションのサポート
    各フュージョン画像のウィンドウレベルの調整
    フュージョンセルを自動位置合わせによって結合
  • 医療専用の画像処理:
    Gワイヤ
    K平均
    ラムダ連結性
    レベルセット
    OTSU閾値化
    遠近法的位置合わせ
    シュリンクラップ
    スペックル低減異方性拡散
    テンソル誘導異方性拡散
    分水嶺
  • HL7:
    メッセージエンコーダーおよびデコーダー
    リスナーサービス 
    モダリティワークリスト(MWL)との統合デモ
  • DICOM Storage Server:
    オプションのサードパーティクラウドストレージとの統合。人気のクラウドストレージサービス用のアドインのソースコードを同梱
    匿名化およびDICOMDIRの作成オプションを含むエクスポート機能
    他の患者 ID(Other Patient IDs)タグの検索
    サーバーのUIにライブ接続を表示
    AEタイトルのエイリアス
  • PACS Framework:
    患者アップデーターの検査日付オプション
    保存委託の応答を同じ接続で送信するオプション
    PACSサービスのカスタマイズオプション
  • HTML5:
    設計とユーザーインタフェースの改善
    スタンドアロンコントロール
    全体的なパフォーマンスの向上
    参照線の速度、正確さ、外観の向上
    ユーザーインタフェースツールとアクション
    MPR(多断面再構成)と十字線
    画像の位置と方向の値に基づいて複数のセル/サブセルをスクロールする同期ツール
    シリーズを複数のスタックに分割
    すべての画像をスクロールせずにロード
    インデックス配列マッピング機能
    オーバーレイテキストに重み/重要度を割り当てて、限られた数がセルに収まるときにどのオーバーレイを表示するかを決定
    タグ(オーバーレイ)を画像に焼き付け
    患者投影のサポート(DICOM患者方向投影タグ)
    完全な画像を要求するための間隔/遅延オプション
    セルおよびサブセルの選択時または非選択時の境界線の色
    複数選択のサポート
    Explodedプロパティ
    ドラッグ&ドロップのサポート
    強化された対称サブセルレイアウトにより、カスタム表示が可能
    患者制限オプション
    イベントとコールバック
    ビューワを外部から/プログラムによって制御するための.NETおよびJavaScriptインタフェース
    AngularJSを使用した再設計
     

トピックス一覧に戻る